オフィシャルブログ

待宵の月 潜在意識を書き換える引き寄せの法則コーチングカウンセリング個人セッション

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

YouTubeのジャズと満月一日前の月。夕べの事。

 

あー幸せだ。

 

 

 

幸せって本当に簡単!

ここにアロマでも焚いて、ワインか日本酒でもあればそこは極上リゾート。

 

 

 

 

満月一日前の月を「待宵の月」とか「機望」(きぼう)というそうです。

 

 

昔の人たちは天気のいい夜はいつもこうして月を眺めていたはずです。月の満ち欠けを楽しみながら月に名前をつけて愛しみ、時には笛など吹いたりして。

 

夫婦で愛を語り合ったり、愛しい人を想ったり。

 

 

豊かで幸福な時間でしたね。

 

 

 

 

ブログ大変ご無沙汰しました。

 

 

実は月曜日から高熱を出してしまい今も入院中です。

 

 

なかなか熱が下がらず点滴治療中ですが、夕べ自分の力でカーテンを開けれたときは、少しづづ回復しているのを感じました。

 

 

本当に具合が悪い時は起き上がるどころか寝返りさえつらかったけど、今日はこうして起き上がってブログを書くことが出来ています。

 

 

今週ご予約の個人セッションを延期させていただいた方々本当に申し訳ありませんでした。m(_ _ )m

プロとしてお恥ずかしい限りです。今後はさらなる精進をしたいと思います。

 

 

 

 

もう一つ満月一日前の月の名前「機望」の機は「近い」という意味でだそうで、自分が元気になって仕事に戻れる日が早く来ますようにと機望の月にお願いしました。

 

 

 

いい響きですね「きぼう」

たまたまこの部屋しか空いていなくて病室が最上階の個室なので窓を遮るものもなく機望の月を独り占めでした。

 

 

今日も読んでくださいましてありがとうございます。

あなたが健やかでありますように。

さくらあくり