オフィシャルブログ

「引き寄せの法則」逆算思考の作り方①…死ぬまでにしたい100の事  失恋女子へ・コーチングカウンセリング個人セッション・潜在意識の書き換え

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

前回の記事「2019年のハッピーエンドな物語をつくろう」からのつづきです。

 

引き寄せのための 逆算思考の作り方

ステップ1 死ぬまでにしたい100のことを書いてみる。

 

映画のタイトルみたいですね。

やりましたよ、私も。

 

 

100個書けますか?

 

たとえば、伊勢海老を丸ごと食べたい。とか、バリ島へ行きたい。とか、

温泉へ行きたいとか、些細な実現可能なことからでもいいです。

 

 

普通は20個くらいしか書けません。普段あまり考えたことがないから。

50個書けたら結構すごいです。

 

 

でも、絶対に100個書いてください。

 

思いつかなくなったその後からが勝負です。

今まで忘れていた夢が、潜在意識からいろいろ出てきます。

 

 

例えば、「あ、俺って子供のころ野球選手になりたかったんじゃん!」と思い出して、「じゃあ、とりあえず地元の野球チームに入ってみようかな。」とか。

「私子供のころ女優に憧れていたんだっけ!取り合えず舞台でも見に行ってみようかな。」とか。
「あたしやっぱりおしゃれしたり、お化粧することが好きで美にこだわっているんだな。」と自分の特徴に気づいたり。

 

 

ついでに言うと、あなたの、あなただけの強みは、その特徴やこだわりの中にありますよ。

 

 

 

 

 

 

100個頑張って書くことで、結構気づきがあるものです。

 

 

「7つの習慣」という本を以前ご紹介しましたが、その第2番目の習慣は「終わりを思い描くことから始める。」です。
まさに「逆算思考」です。

 

 

この本の第2の習慣の章はとてもシビアですよ。
お葬式の場面から始まります。あなたのお葬式です。
あなたがこの世を去るとき、どんな人生だったと思って死にたいですか?他の誰かにどんな人だったと思われて去りたいですか?

 

 

 

お休みの日にゆっくり時間をとって、あなたの人生を考えてみてください。
今生で絶対に実現したいことについて思いを馳せてみてください。

 

 

ワクワクする時間になると思います。

 

 

ここ愛媛は雪が降らないので、長野県出身の私にとっては、なんだかまだ冬が来ていないような感覚です。
雪が降って一面銀世界になってはじめて冬が始まるというイメージなので。
愛媛はあったかいです。

 

 

 

今日も読んでくださいましてありがとうございます。
あなたの夢が叶いますように。
さくらあくり

 


にほんブログ村