読めば必ず幸せになるブログ

マクロビオティックの陰陽について②-春は手放す季節ー 失恋女子〜引き寄せの法則コーチングカウンセリング個人セッション・潜在意識の書き換え〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

前回の記事

マクロビオティックの陰陽について①

からのつづきです。
 

 

季節の流れ方にも陰陽があります。

春は

冬の間下のほうで静かに漂っていた気が、だんだんと上昇してくる季節です。

 

 

その上昇のエネルギーで木々に芽が吹き、草や花が上に伸びてきます。

 

 

 

 

春は、冬の間に溜まった毒をだす、デドックスに最適な季節。

 

 

 

この季節には苦みやえぐみの多い山菜が多く採れますよね。

その山菜の苦みとえぐみには抗酸化作用があり、新陳代謝を促進するという作用があり、体の中の毒素を出してくれるデドックス作用の高い食べ物です。

 

ただし食べすぎは禁物ですよ。適量で。

 

 

それから春から夏にかけてはダイエットにも、断捨離にも最適な季節。

上昇と拡散へ向かうエネルギーがながれているので、比較的楽に手放していけます。物も。感情も。
 

なんとなくもういらないなと感じるもの、こと、感情を今こそ思い切ってさよならしましょう!

 

クローゼットに長年着ていなかったお洋服がパンパンに入ってはいませんか?去年着なかった服は礼服以外はたぶんこれからも着ないかも。

 

体の細胞も日々新陳代謝しているように、洋服や食器やタオル、本などの雑貨も古いものを捨てて新しいものと入れ替えましょう。

 

 

 

 

春はそんな身の回りの新陳代謝に最高の季節。

 

今手放して新しいものを入れるスペースを空けておくことで
新しい年度に新しいものが入ってきますよ。
ホントです。

 

 

今日も読んでくださいましてありがとうございます。
あなたに新しい素敵な春が訪れますように。
さくらあくり

 

 

 


にほんブログ村