読めば必ず幸せになるブログ

公開コーチング・つばささんからのメッセージ① 失恋女子へ〜引き寄せの法則コーチングカウンセリング個人セッション・潜在意識の書き換え〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

さくらあくりTRINITY 最新記事

臨死体験で観た景色ーあなたが生きる理由ーこの世には愛しかない

ブログでも書いた臨死体験の記事です。

ぜひ記事を開いていただき、記事下のいいね!を押していただけるとTRINITYのランキングにも上がり、大変励みになりますのでよろしくお願いいたします。

 

 

 我が家の庭に小さな春がやってきました。

 

 

ブログ上の無料公開コーチングを募集したところ、さっそくたくさんの方からのメッセージいただきました。

一人一人に本気で向き合いお答えさせていただきます。

順番にお答えしていますので、メッセージ送っていただいた方は少しお待ちくださいね。

数回のメッセージのやりとりだけでは限界を感じつつも、できる限りのことをさせていただこうと思っています。

 

 

 

 

では、最初は  つばささんからのメッセージです。

長いので今日は ①前半

今日もまだ、私とつばささんとのやりとりは続いていますので、

つづきはまた ②後半 で公開しますね。

(つばささん)

いつもblogを楽しみにしています。
私は伴奏ピアニストをしています。
練習ではうまくいくのに、ステージでは思いもよらないところで失敗したりします。ひとつ間違えると逆に落ち着いたりして…。
仕事でもありますし、ソロとは違って間違えると団員に迷惑がかかります。ソロ楽器とのジョイントはそれほど失敗はありません。
コーチングの本を読んだりしたのですが、なかなかうまくいきません。
よろしくお願いします。

(私)

つばささん、いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

ピアニストなんですね!素敵なお仕事ですね。

ひとつだけ質問させてください。
★つばささんにとって、プロフェッショナルとはどういうことでしょうか?

(つばささん)

プロフェッショナルとは……体調や気分、日常の色々な事情に関係なく、ステージで同じパフォーマンスをできることだと思います。

息子の大学受験は終わりましたが、介護やら他の仕事やらで(伴奏ピアニスト以外にもDuoだったり、フルートの伴奏、ピアノの指導など)心が落ち着かない状態も多かったです。
去年はともかくパーフェクトにいかないことが多くて、落ち込んでいました。

(私)

ブログも拝見いたしました。ピアノの演奏、Duo、ピアノの先生、などのお仕事をしながら、お父さまの介護や病院の送迎などもされているのですね。お子さんも受験で、大変でしたね。
つばささんは本当に頑張っていますね。
偉いですね。
短い文章のやりとりだけでしか判断できないので、間違っているかもしれませんが、お答えいたします。

★何もかも抱え込み過ぎてはいませんか?全部自分が引き受けてしまってはいませんか?自分さえ頑張れば!と抱え込んだものが両手に余ってしまっているような印象を受けます。まずは優先順位をつけてみましょう。

★イメージです。おそらく以前団員さんたちとの演奏で失敗された経験があるのではないかと思います。その時のイメージが強く刻まれてしまって、また失敗したらどうしようかと思う恐れが、同じような場面で失敗してしまうという現象を引き寄せているのだと思われます。失敗を思い出すことをやめ、自分でも惚れ惚れするような素晴らしい演奏ができた時のことを思い出してみてください。ひとつの失敗もなく完璧に弾き終わりお客さまからの拍手喝采を受けている自分。
その素晴らしい演奏のイメージを毎日何度でも頭に描いて、恐れを書き換え自信にかえてください。実際にあった経験の方が自信になりやすいと思います。羽生君がやっていたイメトレです。

★伴走ピアニストという職業を私はよく知らなかったのですが、そういうお仕事があるのですね。他にもいろいろと音楽関係のお仕事をされているのですね。素晴らしいですね。
おっしゃる通り
>プロフェッショナルとは……体調や気分、日常の色々な事情に関係なく、ステージで同じパフォーマンスをできることだと思います。
>仕事でもありますし、ソロとは違って間違えると団員に迷惑がかかります。ソロ楽器とのジョイントはそれほど失敗はありません。

これも直接お話した訳ではないのでまちがっていたらごめんなさい。
どこからそう感じるのか?はわかりませんが、伴走ピアニストという言葉を全面にだしている感じの中に、私メインじゃないので…という印象を受けます。仕事で言ったら、私パートなので…みたいな感じです。
それが誰かの縁の下の力持ち的な伴走だったとしても、コンサートでたった1分しか出番がなかったとしても、ピアノを弾いてお金をもらうということは、つばささんは立派なプロのピアニストです。

おそらくソロ楽器とのジョイントやDuoではそのプロ意識を強く感じる、だから間違えることが少ない。
団の中で弾くときに、どこかに甘えはないですか?私メインじゃないので…という。失敗は自分でも気が付かない些細なプロ意識の違いを教えてくれているのかもしれません。

以上長くなってしまいました。
文章だけのコミュニケーションでいきなり失礼なことを言ったかもしれません。すみません。
聞いてどんな感じがしますか?反論など、なんでも遠慮なく言ってください。
お待ちしております。
もし嫌でなければ名前を変えて全文を公開させていただいてもよろしいでしょうか?
またまたお返事お待ちしております。
お時間のある時でいいです。よろしくお願いいたします。
 

後半に続きます。

 

 

 

今日も読んでくださいましてありがとうございます。
あなたが幸せでありますように。
さくらあくり

 


にほんブログ村