読めば必ず幸せになるブログ

鏡の法則についてのメール・・・引き寄せの法則コーチングカウンセリング・潜在意識の書き換え

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

OK癒しフェア大阪2019

さくらあくりセミナー(無料)

 

 

「潜在意識を書き換えるコーチング・プロコーチによるー

セルフイメージをアップして引き寄せ力を100倍加速させる方」

 

 

毎日やっている潜在意識書き換え方法を全部公開!

&家に帰ってひとりでできる潜在意識書き換えのセルフコーチングの方法を教えます。

 

 

ぜひ聞きに来てください。

 

 

パーワークショップ(3000円)  3月10日  12時~13時30分

 

 

あなたの魅力と強みを知って、その日に持ち帰れます。

全員参加型の楽しいワークです。

かなりテンション上がってワクワクしますよ。

 

 

癒しフェアについてはこちら

クリック

 癒しフェア大阪2019 公式HP  

 

 

OK私のページが公開されています。

クリック

癒しフェア大阪 さくらあくり のページ

 

 

嬉しいルンルン

次の週末に向けてテンション上がってきました。

ワクワクしてきましたよ。ニコニコ

 

 

 

 

今日はクライアントさんに日々送っているメールの一部から

クライアントさんの許可をとって掲載させていいただきます。

 

 

Mさんから「鏡の法則」は知っていますが

どこが鏡なのかわかりません。

という質問をいただきました。

 

 

以下私が送った送信メールです

(個人名、固有名詞は変えさせてもらっています)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(私からの返信メール)

 

Mさんこんばんは。

メールありがとうございました。

まず、前回も言ったかもしれませんが、

その人はなぜその行動をとったかを考えてみてください。

 

 

≫先日、前の職場の上司とご飯に行ったんです。高級なお寿司に連れて行ってもらって嬉しかったのですが、二件目のバーで、ずっとそのご飯の酷評を聞かされて^^;

 

 

白子が冷たかっただの、シャリとネタのバランスが悪かっただの、永遠と、、、笑

私は凡人の舌なので美味しかったんですが。笑

 

 

この上司はなぜこの話をしたのでしょうか?

私はその場で聴いていたわけではないので詳細はわかりませんが、

このメールを読むかぎりでは・・・・

 

 

自分がお寿司に対して蘊蓄(うんちく)がある

ということを示したかったのではないか?と思われます。

ウンチクを語れる美食家であり、知識人であることを見せたかったのかもしれません。

あるいは

Mさんにそれを見せてすごい!と思ってもらいたかったのかもしれません。

 

 

そう考えてみて、よくよく自分をみてください。

 

 

私の基本的な考え方は

「この世の全ての現象は自分が創り出している幻想である」という事です。

 

 

これは仏教でいう「無」、般若心経の「空」という事だと思います。

そして「悟る」とはこのことを本当の意味で理解することではないかと考えています。

もちろん私が悟っている訳ではありませんよ。

人に理路整然と説明できるほどに私は理解はできてはいませんから。

 

 

でもそう考えると全て辻褄があいます。

鏡の法則もそのうちのひとつに過ぎません。

 

 

ちょっと難しいですね。

すみません。

 

 

 

≫今の会社の同僚がストレスから体調を崩し、愚痴を聞いてあげてます。

彼女も辛いので聞いてあげたいのですが、ずっと聞いてるとこっちまで気分が滅入ります。

 

 

もしMさんがとても気分がよくて、穏やかな時だったら

このお友達をどう感じますか?

もしくは

「愚痴」に対してはどう感じますか?

 

 

考えてみてください。

 

 

このメールで気づくことがあったらまた送ってください。

このメールのやりとりが大きな気づきに繋がります。

 

 

今日もMさんと同じくらいの年のクライアントさんに大きなブレイクスルー(思考の突破)がありました。

彼女はひとつ高いステージに進みましたよ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それに対する返信

 

 

≫さくら様

おはようございます。

うーーん、やっぱり分からないかもです!笑

反面教師としてこんな風にならないように気をつけよう、という考え方は出来ます。

 

再び私の返信です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

Mさん

そうですね。

難しいですね。

 

 

私も20年くらい前にメンターだったヒーラーさんに言われた時は

まったく理解不能だっただけでなく

ものすごく反発しましたよ。

あの大嫌いな人と私は一緒じゃない!と。

 

 

分からなくて当然ですよ。

段々にわかってくればそれでいいと思います。

 

 

例えば

あるクライアントのAさんは離婚して実家に帰っています。

心身ともに疲れてしまったのでしばらく休みたくて

なにもしないで実家にいます。

 

 

しばらくすると父親がものすごい勢いで文句をい言ってきます。

働け!とか

再婚のために婚活しろ!とか

それが本当にいやでたまりません。

ではこのお父さんはどういう鏡なのか?というと

 

 

私はこの現象を「代弁者」と呼んでいます。

 

 

このAさんを一番責めている人は

実は自分自身です。

 

 

自分が一番わかっています。

「そろそろこのままではダメだ」と。

その気持ちを父親が代弁しています。

 

 

これが全く自分にないものはそもそも言われないと思いますし、

もし言われても心に引っかからないのです。

 

 

一番わかっていることを言われるのが一番きつい。

 

 

例えば

自尊心のない人

(心の中で自分を責めている人)は

からかう人や苛める人、などが出てきて自分を責める状況をつくります。

 

 

わからなければ今回はとりあえずスルーしてください。

セッションが深まるうちに、嫌でも分かってくると思いますよ。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

メール返信の掲載は以上。

 

 

鏡の法則が分かると

私が言っている「すべての現象は自分が創り出している」ということが少しわかると思います。

 

 

あなたの隣にいるあの人は、

あなたのどんな鏡ですか?

 

 

今日も読んでくださいましてありがとうございます。

あなたが幸せでありますように。

さくらあくり

 


にほんブログ村