オフィシャルブログ

○○過ぎるという鏡ー引き寄せの法則コーチングカウンセリング個人セッション・潜在意識の書き換え

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

昨日は、ワーク

http://ameblo.jp/rumi8484/entry-12287169226.html

 

のご感想や気づきをシェアしてくださって

本当にありがとうございます。

 

みなさんに何かしらの気づきがありましたことを

大変嬉しく思います。

 

ご感想の中で、多かった疑問について

私なりの解釈をお話します。

 

 

私の大嫌いなAさんはいつもふざけすぎています。

私は真面目なので、

Aさんは絶対に鏡ではありません!

 

 

こんな感じのご感想や、疑問を

いくつかいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

状況が詳しくつかめないので

全部がそうとは言い切れませんが、

 

 

 

Aさんは、ふざけすぎていて、

 

あなたは、まじめすぎる、のかもしれませんね。

 

 

 

振れ過ぎている方向は違いますが、

もしかしたら同僚の方々は

Aさんと

あなた、

ふたりとも○○過ぎるという点でそっくりだ

と思っているかもしれません。

 

 

その真ん中にいる人には

Aさんがふざけすぎるということは、

ヒットしていないかもしれません。

 

 

 

中庸をどちらかに外れているという鏡

もあります。

方向が違うだけです。

 

ふざけすぎる人

まじめすぎる人

○○すぎる人がヒットした時は

 

自分もどちらかに  ○○すぎているサイン  だと

私は 自分を確認します。

 

みなさんはどう思われますか?

 

反対ご意見、気づき、シェア

なんでもOKです。

 

このブログは参加型、

ワークショップ型ブログです。

 

今日もよかったら、あなたの心の中をシェアしてください。

 

OUTPUTしながら、また気づきがありますよ。
今日も読んでくださってありがとうございます。
さくらあくり