読めば必ず幸せになるブログ

日別アーカイブ: 2020年2月11日

鏡の法則「代弁者」-引き寄せの法則コーチングカウンセリング個人セッション・潜在意識

この世は「無」

すべての現実は私たちが創り出している幻想である。

 

 

だから

自分の中にないものは創り出すことができないので

 

 

私たちが出会うすべての人は100%自分を映す鏡である

と、私は考えています。

 

 

でも、
その鏡、とても複雑。

 

 

単純にまっすぐに映し出しているとは限らず

ちょっと考えただけでは、

理解し難いくらい難しいのです。

 

 

 

今日は  鏡の法則の「代弁者」 について。

 

 

 

 

自分が、無意識で思っていることや、感じていることを、
誰かの口を借りて言ってくれたり、指摘してくれたり、現してくれる人。
それが「代弁者」です。

 

 
その人の言葉で、すごく頭に来たり、悲しくなったり
感情が激しく動く!

なぜなら

それが自分が無意識で「その通り」と思っているからで

 

 

自分を責める気持ちがあると、自分を責めるような人が、近くに現れ

誰かの口を借りて、誰かの態度で、自分を責め続けるのです。

 

 

 

 

 

クライアントさんの例だと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 離婚して実感に帰ってのんびりしていたRさん 
最近は父親の小言がうるさくて・・・
 
 
 「いい加減働きなさい!」
 「再婚しろ!」 
「ニートになってしまうぞ!」 
 
 
父ってこんなにもうるさい人だったかな?
と辟易しています。 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Rさんは、100も承知なんです。
 働かなくちゃ・・・
再婚したほうがいいかな?
このままニートになってしまったどうしよう・・・ :
自分でもわかっているから、頭にくる。

 

 

自分を責める気持ちに気が付いて、自分を責めることをやめなければ、
あなたを責めていると感じている人は消えてくれません。

 

 
 

「どうしたら自分を責めなくなるのか?」
をRさんに考えてもらい
次のやりたい仕事に向かって学び始めました。

 

 

お父さんは変わらず
「働きなさい」といいますが
前ほど気にならなくなり、ストレスが格段に減りました。

 

 

「代弁者」は主に自分を責めている
という気持ちを代弁していことが多いですが、

 

 

鏡の法則の基本は同じ。

 

 

自分をバカにしている人は、バカにする人が現れ
自分なんて小物だと思っている人は、小物だとうい扱いをうける。

 

 

すべての人間関係は
自分自身との折り合いの現れであり
すべての人間関係は
自分自身の「代弁者」です。

 

 

 

 

 

 

ラブラブLINEでお友達募集しております。

お友達追加特典として

「たった3か月で人生を劇的に変える・引き寄せノート術」の書き方PDFプレゼントいたします。

②LINEでお悩み相談うけております。(もちろん無料)

「こちら」

 

 

 

音譜潜在意識を書き換えるコーチング・コーチ養成講座 第3期週末クラス (2020年5月開講)

新規受講生募集開始いたしました。

詳しくは  「こちら」

今日も読んでくださいましてありがとうございます。

あなたが誰かと幸せな関係を築けつづけますように。

 

さくらあくり