オフィシャルブログ

日別アーカイブ: 2019年4月18日

愛を引き寄せる人の「秘密」-恋愛の引き寄せ・質問コーナー 失恋女子へ〜引き寄せの法則コーチングカウンセリング個人セッション・潜在意識の書き換え〜

質問:去年4年間おつきあいした彼と別れました。新しい恋をしたいのですが、前の彼が忘れられません。どうしたらいいでしょうか?

 

回答:忘れる必要はないと思います。ただいつまでも引きずらないことです。あなたが今何に注目しているか?が次のあなたの状況を引き寄せます。

 

★今度はどんな彼とお付き合いしたいですか?

★次はどんな恋愛がしたいですか?

新しい理想の恋愛にフォーカスしてみてください。

 

 

もっとリアルに。

 

 

新しい彼はどんな人で、どんなスタイル、どんな服装をしていて、どんなにか優しくて、愛情深くて、彼とどこへ行こうか?どんな服を着て行こうか?一緒に何を食べようか?

その時はどんな景色が見えますか?

どんな音が聞こえて、どんな香りがしますか?

 

 

大好きな芸能人を思い浮かべてもいいですよ。

たとえば竹内涼真くんと一緒にディズニーランドに行っているとか。

(若過ぎるかな?高橋一生さんでもいいです。もちろんお好みで)

 

 

ほら、わくわくしませんか?

 

 

大切なのは自分の思考をコントロールするということです。

 

 

前の彼のことなんていくらでも、いつまでも考えられます。

でも考えてもその先がないどころか、失恋の痛手を何度でも自分に上塗りすることになり、自己肯定感を落としてしまいます。

 

 

 

前の彼の事を考えている時間を少しずつ減らして、新しい恋のことを考える時間を少しずつでいいので増やしていきましょう。

 

 

無理に忘れよう、忘れようとすると執着してしまうものです。

無理に忘れようとせずに、新しい恋愛のことを考えてワクワクしたら自然にその時間が増えていくと思います。

 

 

コツはリアルに想像したら、その人に今なることです。

 

 

今自分に竹内涼真くんみたいな(高橋一生さんみたいな)彼がいたらどんな感情でいて、どんな服を着て、どんな化粧をして、どんな行動をとっているか?

 

新しい恋愛をすでに手に入れている自分に今なる。

 

 

過去よりもそんな未来を考える時間を持つことに、少しづつシフトしていきましょう。

できれば新しい素敵な彼との写真を雑誌などから切り抜いて、毎日見えるところに貼っておいてください。

それをみたら未来へシフトすること。

 

 

 

それから、自分は必ず新しい彼と出会って、幸せになれる。

むしろ私が幸せになれないはずない!と信じましょう。

 

 

あなたは今フリーになれました。これからどんな素敵な相手でも探すことができます。

理想のかっこいい男性が、フリーであるあなたを放っておくはずがない!と信じてください。

 

 

人は注目しているものを引き寄せます。

 

 

今日も読んでくださいましてありがとうございます。

あなたが愛に包まれていますように。

さくらあくり

 


にほんブログ村

椅子と居場所と引き寄せの法則ー引き寄せコーチング・カウンセリング・潜在意識の書き換え

私は昔「椅子」コレクターでした。

 

 

ちょっと素敵な椅子をみるとすぐに買っていました。

背もたれが大きな籐の椅子や

ちょっと変わったアイアンの椅子。

飛騨の職人が作った無垢材でできたロッキングチェア。

結果、当時住んでいた東京の社宅マンションには様々な椅子が置かれることになりました。

 

 

そんなある日、夫と吉祥寺で買い物をしていた私は雑貨屋でまたおしゃれな椅子を見つけます。

すごく珍しい形の赤い小さな椅子で、たしかドイツ製だったか、フランス製だったか、結構高価なものでした。

その椅子を欲しがる私に夫が「一体どこに置くの?」とあきれた様子で聞きました。

その一言で私はハッと気が付いたのです。

私が欲しかったのは椅子ではなく「居場所」だったと。

 

 

私の父はインテリでしたがお酒を飲むと人が変わるタイプの人でいつも家の中がピリピリとしていました。

母は仕事が忙しく、小さい時から私は家に安全で安心な居場所がないと感じていました。

「椅子」はそんな私の「居場所」の象徴だったのです。

居場所を確保したいという潜在意識にある、自覚できない欲求を「椅子」を持つことで満たそうとしていたのでした。

 

 

 

 

 

人にとってそこが「居場所」と思えるためには、自分がそこで「ありのままでいい(全然だめな自分でもいい)」と承認されていると感じることが大切で、私はこの「ありのままでいい」という承認をいつもどこかに探していました。

 

 

 

 

夫の一言で大きな気づきを得た私は、その後たくさんあった椅子をリサイクルショップに売りに出し、

私に与えられた「家庭」というこの椅子を大事に、心地いい場所になるように努力しようと思いました。

そしてここが私の場所だと決めました。

居場所は当然、椅子にはありませんでした。

 

 

 

 

「ありのままでいい」という承認をだしてくれるのは、実は周囲の人たちではなく、自分自身です。

その場所で自分らしく生きると決め、「ダメな私でもいい」と自分を認めること。

 

 

自分を認めるということは、周りの人をも認めるということに繋がっていきます。

人は自分の鏡ですから。

 

 

自己承認と、周囲へのちょっとした思いやりで、その人たちとの繋がりが、ホッとできるあたたかな居場所に変わるのです。

 

 

そんな心地よい居場所をもつことは、心を安定させ、さらなる自己信頼へのよい循環の基地となり、幸福感を増す効果が絶大です。

 

その幸福感が、次の幸福な現実を引き寄せてくれます。

 

 

 

 

 

仕事帰りの高速から見える山の新緑が美しい。

木々の新しい命の生きるエネルギーが空気中に満ち溢れています。

胸にいっぱい空気を吸って、

エネルギーをいただきましょう。

 

 

 

チョキ4月27日(土)・28日(日)神戸・京都対面セッション

27日(土)のみ残席1あり

28日(日)満席です。

※初回お試しセッション(無料)も可

ご希望の方はメッセージでご連絡ください。

 

 

今日も読んでくださいましてありがとうございます。

あなたが幸せでありますように。

さくらあくり

 


にほんブログ村