オフィシャルブログ

日別アーカイブ: 2018年8月7日

1cm隣の幸せ 失恋女子へ〜引き寄せの法則コーチングカウンセリング個人セッション・潜在意識の書き換え〜

20代半ばで 大失恋をしました。

 

当然結婚するつもりだった7年間お付き合いした人と

別れました。

 

生きる勇気さえ失いそうになっていました。

 

そんなとき

私は「引き寄せの法則」の本に出合いました。

「マーフィーの法則」

「思考は現実化する」という本の数々です。

 

それは

失恋という運命に横っ面をたたかれて

ふらふらと倒れそうになっている私に

 

 力強い光 をくれました。

 

自分の思考ひとつで運命も人生も変えられる!

 

と思ったからです。

 

20代の田舎からでてきた、

お金もなく

特に美人でもない、

体が小さく体力もないOLの私でも

 

自分一人で人生を勝ち取ってくことができるに

違いない

そう信じさせてくれました。

 

そこから、引き寄せにハマり

300万円を引き寄せ、結婚を引き寄せ、

働いていた仕事の収入を5倍にし、

子どもの受験をひきよせ、

引き寄せに成功したことも数知れず

また、失敗したことも数しれず、

様々な成功も、失敗も、重ねながら、

独自のメソッドで今現在仕事をさせていただき

クライアントさまにも恵まれて

とても幸せです。

 

失恋したことには、今は感謝しかありません。

 

だから私はみんなに声を大に主張できます。

 

誰でも

自分の思考を1cmかえるだけで、

そこからつづく未来は全く別の方向へと向かいます。

 

では、その1cmとは何か?

嫌なことや、マイナスではない

すぐ隣にある幸せ です。

今そこにある感謝すべきこと です。

 

どこに注目するかで

引き寄せるものが全然ちかうからです。

 

 

先日クライアントさまより

メッセージをいただきました。

 

※ご本人の許可を得て掲載いたします。

 

今はとても幸せです。

数か月前まであんなに悩んでいたのがうそのようです。

霧が晴れたような思いです。

さくらさんがいったとおり、

見えているもの、見ているものがちょっとちがうだけで

こんなに幸せになれるんだと気づきました。

大切な気づきをありがとうございました。

 

この方は今後

私のようなカウンセラーになるために

通信教育をはじめられるそうですよ。

 

嬉しいですね。ありがたいですね。

 

内容に関しては公開できませんが、

この方はご自分を認めることで

周囲も認めることができるようになり、

 

日々感謝できることがどんなにたくさんあるのか

に気づかれました。

 

 

その感謝の先に夢の実現はあります。

むしろ、その先にしかありません。

 

私たちの潜在意識はとても複雑な模様をしています。

その複雑な模様どおりの

現実を私たちは引き寄せています。

 

いいことも、わるいことも。

毎日様々な模様の現実が現れています。

そこのどこに注目するかで

次の引き寄せがやってきます。

 

嫌な事の1cmとなりには、

必ず幸せな事もおこっているはずなのです。

1cmとなりの幸せに注目する

思考の癖をつけるだけで

あなたも、私も必ず幸せになれます。

 

その幸せな気持ちが、

次の幸せを引き寄せるからです。

 

夢は1cmとなりの幸せの先にあります。

 

今日もよんでくださってありがとうございます。

今日もあなたが幸せでありますように。

さくらあくり

ダウン  よろしければぽちっとお願いします。

 


にほんブログ村

祈り 失恋女子へ〜引き寄せの法則コーチングカウンセリング個人セッション・潜在意識の書き換え〜

個人セッションの前準備をするかどうか、を以前コーチ仲間と話したことがある。

 

 

あえて準備をせずに自分の直感で進めるという人もいたが、私は絶対に事前準備をする派である。

 

 

下手をしたらセッション時間よりも長い時間をかけて過去の資料を読み込み、今日はこんな方針でいこうと決めて本番を迎える。

もちろん準備どおりにいくことばかりではないけれど。

 

 

 

私のセッションはたいてい00分(10;00とか、13;00とか)に始まるんだけれど、数分前にはデスクに座ったまま瞑想をする。

なんとなく直感が磨かれるような気がしていつも欠かさず瞑想している。

 

 

 

この時間がとても至福の時間で、自分がゼロになるような感覚。

ゼロベースに戻る感じ。

 

 

とても気持ちいい。

 

 

 

 

 

少し前に退院しました。ご心配おかけして申し訳ありませんでした。

blogを1週間もお休みしてしまいました。

 

 

 

ほんの夏風邪かと思っていたら、39度の熱が出て病院に行ったらすでに敗血症の疑いと言われ入院。それから2週間も熱が下がったり上がったり。

 

 

 

ご飯がまったく食べられず、すごくだるくて寝返りさえもつらい。あまりにも辛くて途中で気持ちがくじけそうになりました。

 

 

 

 

でも、この仕事を全うしたい。せっかくのご縁をいただいたこの仕事をちゃんとやりたい。

 

 

だからもうしばらくは頑張って生きていたい!とすごく思いました。

 

 

 

 

今まであまりにも自分のことばかり考えて生きてきたので、これからはもっと人の役に立ってからじゃないと神様にこっちに来ていいよと赦されないような気がしています。

 

 

 

 

 

 

またこうして自分の家に帰ってきてブログが書けて本当に嬉しいです。

 

 

今日も2件個人セッションがあったのだけれど、瞑想しながら「私ちゃんと生きているな」て感じました。

生きているだけでありがたい。

 

 

 

そう考えると私は今までにも何度も大病をし、そのたびに忘れていた「生きていることへの感謝」をあたらめて突きつけられています。

 

 

いつも感謝のゼロベースに強制的に引き戻されています。

 

 

 

「今日も私を生かしてくださってありがとうございます。」

今日はそんな祈りとともに瞑想しました。

生きているだけで本当にありがたい。

 

 

 

今日も読んでくださいましてありがとうございます。

みなさまとのご縁に感謝いたします。

さくらあくり

 


にほんブログ村