オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2018年9月

自己肯定感とセルフイメージを上げる 引き寄せの法則コーチング・カウンセリング 電話

GCS認定コーチランキングに参加しています。  クリック

「認定コーチ さくらあくり」

応援よろしくお願いします。

 

 

タオル美術館の壁

 

 

前回の記事のステップでは無意識で身に着けてしまった自分のイメージがどうやって作られてきたか?にフォーカスしました。

 

 

あなたの自己イメージは親からの刷り込みや、過去の経験のうちの一部から自分が採用していることに少しでも気づいてもらえればいいかと思います。

 

 

タオル地でできたオブジェ

 

 

自己肯定感とセルフイメージを劇的に上げる・ひとりでできるワーク

STEP 4 口癖と心の声に注意を払う(できればノートに文字化する)

 

 

やりかた

★あなたがふとした拍子につい出る口癖や、心の中で会話している心の声に注意し意識てみてください。

 

 

自分を貶したり、バカにしたりしていませんか?

自分の悪口を言っていませんか?

 

 

例)

・ホントバカなんだから・・・(ちょっとした些細なミスを犯したときなど)

・私ってホントダメだな・・・

・もうヤダ!

 

 

 

人は一日に何万回も心の中で自分と会話しているそうです。

つい出てしまう口癖や心の声こそ、無意識なだけに正直な本音が出てしまうもの。

 

 

そんなマイナスな口癖は毎日数えきれない回数自分に言い聞かせることで、さらに自分をマイナスへ追い込んでしまうという悪循環を生んでいます。

 

 

 

 

 

★自分の口癖を意識できたら、ちがう言葉に置き換えてみましょう

 

例)

・ホントにバカだなー → 学びのチャンス!・次は注意しよう!・ラッキー

・ホントダメだな → ここから成長!私はできる!私は才能がある!

・もうヤダ! → ツイてる!ありがたい!

 

 

 

なりたい自分だったら、つまり理想の自分だったらどんな言葉を使うかを考えてみるといいと思います。

その理想の自分が使っているであろう口癖を今使いましょう!

 

 

プラスの言葉で違和感のない、納得のいくもので。

 

 

 

 

ミスった時などは瞬間的に「バカだな!」って言ってしまいますよね。言ってしまってもいいですから後で言い換えてください。

 

 

 

口癖を「ラッキーツイてる」に全部変えただけで運勢が大きく好転したという話を何度も聞いたことがあります。

 

 

 

ラッキー・ツイてるなどのプラスの言葉は先に言ってしまうと

あとは脳(潜在意識)がその状況の中でラッキーなことやツイてることを暗闇にライトを当てるように探し出してくれて、どんどんラッキー・ツイてる状況が引き寄せられてきます。

 

 

 

ムーミン館が併設されています

 

 

口癖を意識してみたときに気づきませんでしたか?その口癖だれかに似ていませんか?

 

 

 

親や親しい人の口癖を無意識で使っていることが多く、

まさに親から刷り込まれていた言葉だったり、親からいつも言われて嫌だと思っていた言葉を今でも自分に言っていたりするものです。

 

 

育ってきた環境の影響は想像以上に大きいですね。

 

 

 

 

 

今日の写真はお隣町の今治市にあるタオル美術館で撮りました。

ショッピングもできますし、ムーミン館に癒されるので時々行きます。

 

 

 

今日も読んでくださいましてありがとうございます。

あなたがあなたを愛せますように。

さくらあくり

自己肯定感とセルフイメージを上げる 引き寄せの法則コーチング・カウンセリング電話

GCSコーチページ  クリック    ランキングに参加中音譜応援お願いします。

GCS認定コーチ 「さくらあくり」

 

 

自己肯定感とセルフイメージを劇的に上げる・ひとりでできるワーク

STEP2「自分がどんな人間か?を書いてみる」

 

 

やり方

★いつものようにノートの見開きを開き

右に自分の長所、左に自分の短所を書いてみましょう。

 

例)

長所:

・夢がある

・比較的前向き(普段は)

・努力家(だと思う)

・まじめ

・人が好き

・文章を書くのが好き

・仕事が好き

・おおらか

 

 

短所:

・体力に自信がない

・飽きやすい

・好きと嫌いがはっきりしている

・大雑把

・四角いところを丸く掃くタイプ

・ダメージを受けると引きずる

・融通が利かない(かもしれない)

 

 

 

 

★書いた短所をよく見てみましょう。自分の短所をありがたく受け止めたうえで、短所を別の言い方にして長所に書き換えてみてください。

 

 

やり方例

・好きと嫌いがはっきりしている → 自分の好みをよくわかっている

 

 

例)

・体力に自信がない → 自分の体力を把握している

・大雑把 → おおらか

・四角いところを丸く掃くタイプ → おおらか

・ダメージを受けると引きずる  → 繊細なところもある

・融通が利かない(かもしれない) → 自分軸をしっかり持っている。

 

 

 

若干強引でも書いてみると「ああ、案外そうかも…」と思えるところもあるはずです。

 

 

 

 

 

前回の自己肯定感を上げるワークでもお話した通り、短所というのはそれが現れる場面や立場や状況によっては長所になりうる特性です。

 

 

人の性質は液体のように時と場合によってグルグルと回っているものです。

絶対的な短所はなく、また絶対的な長所もありません。

 

 

 

今回も私の例をいくつか書きましたが、みなさんはノートページを全部埋めるつもりで1ページに50個くらいは書いてくださいね。

 

 

 

 

★自分の長所・短所で一番好きなところはどこですか?

 

例)

・おおらかなところ

 

 

★それを最大生かすために何ができると思いますか?

 

例)

・いつも笑っている

 

 

 

短所やマイナスをなくすことでは人は輝けません。

人が一番輝くときはその長所が最大限に発揮された時です。

 

 

 

自分の一番好きなところを最大に伸ばしてみることを考えてみてください。

間違いなくそれがあなたがあなたらしく美しく輝く瞬間です。

 

 

 

 

 

 

このワークの目的は自分を知るということです。

 

 

自分のことをじっくりと考えてノートに書くというだけでも、自分を顧みるいい機会になると思います。

 

 

前にやった人も再びやってみると全然違ったりしますよ。

 

 

今日も読んでくださいましてありがとうございます。

あなたがあなたを愛せますように。

さくらあくり